マネーアカデミー › 暮らし貯蓄 › 為替リスクとはなんですか?

2015年07月21日

為替リスクとはなんですか?

by 皆川 芳輝 1148

マネーアカデミーをシェアしよう!


みなさま、こんにちは。
グローバルファイナンシャルプランナーの皆川芳輝です。

今回は投資の「為替リスク」について書きたいと思います。

誤解を恐れずに言うと、為替リスクとは為替レートが変動する
ことによって生じる利益または損失のことになります。

為替レートというのは各国の通貨が交換されるときの比率です。
例えば、為替レートが1ドル120円というのは、その時点では
120円で1ドルと交換ができるということです。
その時点では”と書いたのは、為替レートは時々刻々と変化するからです。

為替レートが変動するとどのように利益や損失が生じるのか?

ちょっと分かりにくいので具体的な例を挙げてみます。

話を分かりやすくするために現在のドルと円の為替レートを1ドル100円とします。
また税金や手数料、配当金等は無視することにします。


今あなたは手元に100万円を持っていてこの資金で米国株を買うとします。
米国株はドルで売買されますからあなたの100万円は1万ドルの株になります。

1年後、この1万ドルの株が1万1千ドルになったとします。
運用率はプラス10%ですね。

儲かったと喜んだあなたはこの1万1千ドルの株を売却することにしました。


さてここで登場するのが為替リスクの問題です。

このときの為替レートが以下とすると、換金時に、

(1) 1ドル100円 → 1万1千ドル×100円/ドル=110万円

(2) 1ドル110円 → 1万1千ドル×110円/ドル=121万円

(3) 1ドル90円 → 1万1千ドル×90円/ドル=99万円

元々持っていたのは100万円ですから、

(1)は10万円の利益

(2)は21万円の利益

(3)は1万円の損失

となります。


アレ?

(3)のときは儲かったつもりでも実際は損をすることになります。


通常、日本人は投資したお金を最終的には円に戻します。

このように海外へ投資をするときは円に戻す時に

為替リスク(プラスもマイナスもあり得る)が存在する

ことを念頭に置いておくことが重要です。

ちなみにここでは株を例に挙げましたが債券でも不動産でも原理は同じです。



もっと資産運用のことを知りたい方は。。。




関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


マネプロ一覧マネアカの記事を書いています。