マネーアカデミー › 保険ガン保険 › がん保険の選び方

2015年03月19日

がん保険の選び方

by 野村 文勇 1128

マネーアカデミーをシェアしよう!


「がん保険」の選び方

 

もし、貴方が「がん」と診断されたら、どうしますか?

私は「がん保険」に加入しているかた大丈夫だよ!!!と思われている方も、多いかと思います。

もちろん、金銭的な面では、相当カバー出来る商品も多いかと思います。


但し、「がん」は金銭面と同等に精神的なフォローが必要な病なのです。


例えば、貴方が「乳がん」だと診断されました。治療方針は「乳房の全摘出手術」だと伝えられたとき、どうされますか?

おそらく、図書館・インターネット等で検索したり、家族や信頼の出来る友人・知人に相談して、乳房の温存等、他の治療方法がないのか、また自分は治療後に普通の生活に戻れるのか等の不安の解消に努めると思います。

でも、診断されてから、約23週間後には治療を開始。この期間で、今後のライフスタイルが大きく変わるって、すごく不安になりませんか?



がんと診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、がん患者以外と比べて約20倍になるとの研究結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめております。診断が原因の心理的ストレスのほか、病気や治療による生活の変化、体力や注意力の低下などが影響していると考えられるとのことです。(日本経済新聞2014413日付より抜粋)



アフラックのがん保険「新生きるためのがん保険Days」には、「プレミアサポート」と言うサービスがございます。

このサービスでは、「がん専門相談サービス」を無償でご利用いただけます。具体的には「がん患者専門カウンセラー」が疑問・悩みなどを踏まえて病気の説明などを行い、納得した医療が受けられるようサポートします。


通常、保険会社のサービスでは電話にて、患者様と相談窓口の11のやり取りになりますが、電話口で何十分も相談など出来ません。ましてや、ご家族に相談内容を報告するのも辛いものがあります。

アフラックでは、訪問しサポートを提供することで、患者とそれを支えるご家族・ご友人同席のもと、サービスを受けることが出来ます。


尚、当店は「プレミアサポート」認定ショップにつき、当店ご予約の上、サポートを受けることも可能です。

もし「がん」と診断されたら、金銭面精神面の両面でサポートを受けられる商品を選ぶ事も、一つの判断材料になるのではないでしょうか。


がんの保障は「がん保険」のプロにご相談下さい。




この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


マネプロ一覧マネアカの記事を書いています。