マネーアカデミー › 保険自動車保険 › 自動車保険が傷害保険に

2015年03月19日

自動車保険が傷害保険に

by 安部 晶仁 842

マネーアカデミーをシェアしよう!


自動車をお持ちの方の約7割強自動車保険共済などに任意加入しています。


自動車事故によって他人の財産を毀損したり、

他人にケガをさせたりした場合はもちろんのこと、

自動車に搭乗している方の怪我に関しても

「人身傷害」「搭乗者傷害」などの補償が付いています。


>>補償の有無や保険金額は、保険会社や保険の種類、

  契約内容によりますのでご注意ください<<


さて、この「人身傷害」補償ですが、

契約の自動車に乗っていない時事故でも使えることをご存知ですか?


>>詳細は、ご自身の自動車保険の契約概要や約款をごらんいただくとして<<


契約の車に搭乗中の事故はもちろんのこと

他人の車(本人や家族の所有で無い車)に搭乗中の事故も対象となります。


また、自動車に搭乗中以外で自動車の運行に起因する事故

(歩行中の自動車との接触事故等)も対象となります。


>>当然、対象の方(被保険者)は契約の状態によって変化しますので

  どなたが対象になるかは保険代理店や保険会社の窓口に確認してください<<


しかし、ここで注意があります。


家族で2台以上の車の自動車保険契約がある場合、

契約の車に搭乗中以外の補償が重複し、保険料を二重に払うことになります。


それを回避するために「人身傷害保険」には、

「契約の車に搭乗中のみ補償特約」があります。

この特約は必ずしも2台以上で無い場合にも適用でき、

保険料を引き下げる効果があるため時々1台保険にも適用されています。


自動車保険以外に「交通傷害保険」「普通傷害保険」あるいは

「生命保険」などにしっかり加入済みであれば良いのですがそうで無い場合には、

見直しも検討項目かもしれませんね。


冒頭にもお知らせしましたが、

登録されている自動車の7割が任意保険に加入しています。


裏返すと3割が未加入の可能性があります。

(共済の一部等でカウントできないものがある)


この機会に、契約の確認を行なってみてはいかがですか?


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


マネプロ一覧マネアカの記事を書いています。